成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によって捨ててはいけない。

子供のいたずら

子供のいたずら

今日も自宅に帰ると子供のいたずらがありました。
私にはもうすぐ4歳になる女の子がいるのですが、かなりのいたずら好きですし、父親である私を困らせることに楽しみを感じています。
子供のいたずらなのでとても可愛らしいものです。
今日も帰宅して寝室にいくと、私の布団にはぬいぐるみが寝ていました。
大きなぬいぐるみもいますが、小さなぬいぐるみを含めて布団がぬいぐるみで一杯でした。
私の寝る場所が無いと言うと、子供は嬉しそうに笑っています。
子供の考えでは、いたずらが成功したのだという喜びがとても大きいようです。
私自信もあまり遊んであげれない日々が多いので、少しだけいたずらの相手をして困ったふりをしてあげます。
ちいさな子供は一度おもしろいと感じると何度でも繰り返したがるので、何回も寝るところが無いとアピールしてあげる必要があります。
おそらくこういったどうでも良いような出来事が家族としての喜びや幸せに繋がるのだと感じます。
キレイモ 渋谷

ホーム RSS購読 サイトマップ